ヘルペスの原因・個人輸入の紹介

ヘルペスの原因! 単純ヘルペスウイルスの厄介な特徴とは

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症です。
多くの日本人が感染していると言われ、日々私たちの生活を不快なものにしてきます。
そんな宿敵ヘルペスウイルスの特徴について、簡単にまとめてみたいと思います。

 

いくつか種類がある

日本人が最も感染しているのが、口唇ヘルペスの原因になる「単純ヘルペスウイルス1型」と呼ばれるものです。
だいたい70~80%が感染していると言われています。
次に多いのが性器ヘルペスの原因である「単純ヘルペスウイルス2型」です。こちらは10%ほどだということです。

ほかにも、水痘・帯状疱疹ウイルスと呼ばれるものがあります。
水痘とは水ぼうそうの事ですから、水ぼうそうもヘルペスの一つというわけですね。
今回は感染数の多い単純ヘルペスの特徴に触れていきます。

 

単純ヘルペスはとても厄介

まずウイルスですから、人に移ります。
口唇ヘルペスの場合、キスをしたり水ぶくれを触った手でほかのところを触ったり食器などを共用したりと、感染力が非常に高いためこの程度でも感染してしまいます。
また一度感染すると体から根絶することは不可能だと言われています。

ですから現状は症状が出た場合に、抗ウイルス剤などで症状を抑えるという方法がとられています。
人には免疫がありますから、一度発症してしまえば大丈夫、と思われる方もいるでしょう。
しかし単純ヘルペスは、たとえ免疫が出来たとしても、ストレスや疲れなどで免疫力が落ちた時を見計らって再発します

 

再発しないために健康的な生活を

感染しないことが最もいいですが、多くの人が感染しているウイルスと考えた場合、気を付けていても、どこかで感染してしまう可能性は大いにあります。
もしも感染してしまった場合でも、免疫力を高めておけば再発は免れますから、健康的な生活を送るよう心がけてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アーカイブ