ヘルペスの原因・個人輸入の紹介

病院に行かなくてもヘルペスの治療薬が欲しい そんな時には個人輸入で

ヘルペスの症状が出たけれど、病院に行っている暇がないという人や、病院に行くのが恥ずかしいという人もいるでしょう。
市販の薬を買うのも面倒な状況ですから、面倒もなく済ませたい。
そんな時に役立つのが個人輸入です。ですが、いくつも制限がありますから、今回は個人輸入について簡単に説明します。

 

ヘルペス治療薬について

個人輸入なんてしなくても、本来日本で買えたらよかったのですが、そういうわけにはいかないのが現状です。
ヘルペス治療薬は処方せん薬と言って、医師の処方が必要な薬です。つまり病院に行くことが必須です。
口唇ヘルペスの場合、再発の場合には市販塗り薬を買うことが出来ますが、買うためにいくつかチェックがあります。

そのため日本で手に入れるのはとても面倒くさいのが現実です。

 

個人輸入について

まず医薬品を個人輸入していいのかという問題ですが、本来は輸入の際に薬監証明をして、営業目的の輸入でないことの証明を受ける必要があります。
しかし例えば外国で治療を受けた人が、その時に処方された薬を日本でも使いたい場合に、いちいち証明するのは手間だということで、少量であれば薬監証明なしに輸入できるというものです。

この制度が適応される条件は、ヘルペス治療薬のように処方せん薬の場合、「1か月分以内」「個人利用」を守ることです。
これを守ることで、面倒な手続きをしなくても、ヘルペス治療薬の飲み薬であっても外国から輸入することが出来ます。

 

個人輸入の手軽さ

最近は輸入代行サイトがあり、パソコンを使って簡単に薬を輸入することが出来ます。
ですから、病院に行くのが面倒な人でも、パソコンでネット通販をする感覚でヘルペス治療薬を買うことが出来るのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アーカイブ