ヘルペスの原因・個人輸入の紹介

ヘルペスの治療薬が欲しい時にきっと使う 輸入代行サイトの選び方

ヘルペスの治療薬を、個人輸入代行サイトを使うことで、病院に行かずとも外国から簡単に輸入することが出来るようになりました。
もちろん、日本では市販されていない飲み薬であっても、手に入れることが出来ます。
ですが、代行サイトの選択を誤ると、粗悪品が届くかもしれません。そこで、個人輸入代行サイトを選ぶポイントをまとめてみます。

 

個人輸入をしていいのか

ポイント説明前に、医薬品の個人輸入について簡単に触れておきます。
細かいところはありますが、絶対に覚えておいてほしいのは「1か月分以内」を「個人で利用する」ということです。
ヘルペス治療薬の場合1か月分より多くを輸入すると、面倒な手続きが必要になります。

また制度として、自分以外が使うことは認められていません。

 

選ぶポイント

ではポイントをまとめてみましょう。大事なのは、あるべきことがちゃんと書いているサイトであるかです。
特定商取引法に関する記述と、プライバシーポリシーがあることが前提条件です。
無ければ利用しないでください。

それから、会社の住所電話番号、それから代表者の名前も記載されていてほしいところですね。
やましいことがなければ、こういったことを書いても何の問題もないはずです。
料金関係で手数料表などが、わかりやすい位置にあるのもポイントです。

輸入代行はあくまでも仲介業者の一つにあたるので、仲介手数料が必要になります。
もしも手数料が無料だというところがあった場合、別のところで高いお金を請求される可能性があります。

 

利用者に優しいサイトを選ぶべし

例えば最終的に出てくる金額に、手数料その他もろもろすべてが含まれているなど、利用者に勘違いが起こらないようにしてくれているサイトは安全だと言っていいでしょう。
逆に、利用者が知らないことをいいことに、良い事ばかり書いているサイトは疑ってみた方がよさそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アーカイブ